information

【インタビュー記事 / Article of the interview】

Yoshihiko Matsui’s Films about Outsiders and Twisted Love 松井良彦
Web magazine “Pink Visitor” (by Johannes Schonherr)

Posted on 2017 03 21

ヨハネス・シューンヘルさん(旅、食、映画のライター / ドイツ)から、ウェブ・マガジン「Pink Visitor」の取材を受けました。
~ちなみに、ヨハネスさんは、約20年前に、松井良彦監督の映画を初めてヨーロッパで上映、並びに、紹介をしてくださった方です。

この写真の右にいるのが、約30年前の松井良彦監督です。(映画「追悼のざわめき」の撮影現場)
ご関心のある方は、ご一読ください。

※ ウェブ・マガジン「Pink Visitor」(著者:Johannes Schonherr)は、英語版のみで、日本語版は、ありません。

http://pinkvisitor.com/yoshihiko-matsui/


Matsui was interviewed by Johannes Schonherr (writer about travel, food and film / Germany) of web magazine “Pink Visitor”.
~Johannes Schonherr is the person who did the screening and an introduction of Matsui’s movies for the first time in Europe about twenty years ago.

The right side of this photograph is Matsui of about 30 years ago. (Photography scenery of the movie "The Noisy Requiem")

The person with the interest, please read it.
※ Web magazine “Pink Visitor” (by Johannes Schonherr) is only with English version, there is no Japanese edition.

http://pinkvisitor.com/yoshihiko-matsui/

【トークセッションのパネリスト】

現代美術の祭典 「アートミーティング 2016 田人の森に遊ぶ」での、
テーマ : 「『表現と現在』 田人アートミーティングの今後を見据えて」。

Posted on 2016 07 13

福島県いわき市田人町で、7月30日(土)から催される、現代美術の祭典「アートミーティング 2016 田人の森に遊ぶ」。
この“田人の森”にて、現代美術をメインに、映画や映像、パフォーマンスなどの、総勢80人の作家が興味深い作品の数々を
展示・発表をします。
その初日、7月30日(土)のトークセッションに、僭越ながら私、松井良彦も登壇をさせていただきます。

パネリスト:
佐々木吉晴 (いわき市美術館・館長)
星野 共 (パフォーマンス / パフォーマンスアーツ評論家)
宮田徹也 (日本近代美術思想史研究)
松井良彦 (映画監督)

日時 : 2016年7月30日(土) 15:30 ~
会場 : 旧・田人第二小学校
全体の会期 : 2016年7月30日(土)~8月20日(土)

※ イヴェントの詳細は、こちらをクリックしてください。http://tabitoartmeeting.jimdo.com/schedule/


The festival of the contemporary art "ART MEETING 2016, Tabito no Mori ni Asobu (ja)" (Tabito, Iwaki-shi, Fukushima).
In a forest of Tabito, 80 creators in all of the contemporary art display many interesting works. And there are the screening of the movie, and a performance and the workshop, too. On first day, July 30 (Sat), I appear for the talking session.

The talking theme : <“The expression and the present”, Fix the eyes on the future of the Tabito ART MEETING > (Translating a meaning into English)

Panelists :
Yoshiharu Sasaki (Iwaki City Art Museum, the director)
Kyo Hoshino (Performance / performance arts critic)
Tetsuya Miyata (Researcher of the history of thought of the Japanese modern art)
Yoshihiko Matsui (Movie Director)

Date & Timetable : 2016, July 30 (Sat) 15:30 ~
Place : Kyu-Tabito Dai-ni Shogakko.
The period of the festival : From 2016 July 30 (Sat) to August 20 (Sat)

【シンポジウムのパネリスト】

シンポジウム「映画監督と時代 ~映画監督が『映画と時代』を語るシンポジウム~」

Posted on 2016 04 27

このシンポジウムは、戦争法(安保法制)が施行された今の状況の中で、映画監督はどのように時代と対峙し、何を考え、何をすべきなのかをテーマに、独自の世界観をもつ映画監督たちが日本国憲法についてディベートをかわします。また、ジャン・ユンカーマン監督作品「映画 日本国憲法」が上映されます。

【パネラー】(50音順)
荒井晴彦(脚本家、映画監督)、小栗康平(映画監督)、ジャン・ユンカーマン(映画監督)、野中章弘(ジャーナリスト、早稲田大学教授)、堀切さとみ(ドキュメンタリー映像作家)、松井良彦(映画監督)
【司会】
小中和哉(映画監督)

【タイムテーブル】
12:30 開場
13:00 主催者挨拶(仲倉重郎、野中章弘)
13:10  「映画 日本国憲法」上映
14:30 休憩
14:45 シンポジウム「映画監督と時代」
17:00 会場の観客との質疑応答
17:30 終了予定

日程: 2016年5月22日(日)
料金: 無料
会場: 早稲田大学 大隈小講堂(東京)
お問合せ:090-2648-6978 (仲倉)
asimov2@mtg.biglobe.ne.jp


【Schedule as a panelist of the symposium】

The symposium "Movie Director and The Times / Movie directors talk about a movie and the times. (Translating a meaning into English)"
In the present situation of Japan that the war law was enforced, movie directors with the view of the world of the original movie debate about what the movie director should do now. With the screening of the director John Junkerman work "Eiga, Nihonkoku kenpo (ja)".

【Panelists】
Haruhiko Arai (scriptwriter, movie director), Kohei Oguri (movie director), John Junkerman (movie director), Akihiro Nonaka (journalist, professor of Waseda University), Satomi Horikiri (movie director of documentary), Yoshihiko Matsui (movie director).【Chairmanship】
Kazuya Konaka (movie director)

【Time table】
12:30 The opening
13:00 Opening greetings (Shigeo Nakakura, Akihiro Nonaka)
13:10 The screening of "Eiga, Nihonkoku kenpo (ja)"
14:30 Break
14:45 The symposium "Movie Director and The Times"
17:00 Questions and answers with the audience
17:30 The end

Date : 2016, May 22 (Sun)
TCharge : Free
Place : Okuma Small Auditorium at Waseda University (Tokyo)

【上映終了】  映画「追悼のざわめき」

Posted on 2015 10 07

上映作品 : 映画「追悼のざわめき」

【トークショー】
12月5日(土) 宮沢章夫(劇作家、演出家、小説家) × 松井良彦(映画監督)
12月9日(水) 森下くるみ(文筆家、女優) × 松井良彦
12月11日(金) 仲井まみ子(主演女優) × 松井良彦
※ 各日、上映後に催されます。

「今回の上映で、お客さんをはじめ皆さんと、どのような素敵な出会いと再会があるのか。とても楽しみです。並びに、今回も素敵な方々とのトークショーが催されます。本当に、興味津々です。よろしくお願いします。」(松井良彦)

日程 : 2015年12月5日(土)~11日(金)
タイムテーブル : 連日 20:30~

入場料 :当日¥1,500-、前売り¥1,000-
会場  : K’s シネマ  (東京・新宿)
お問合せ : 03-3352-2471
www.ks-cinema.com


【Screening schedule】

The movie "THE NOISY REQUIEM"
(There are no English subtitles.)

【Talk show 】
December 5 (Sat) : Akio Miyazawa (playwrighter, stage director, novelist) × Yoshihiko Matsui (movie director)
December 9 (Wed) : Kurumi Morishita (wrighter, actress) × Yoshihiko Matsui
December 11 (Fri) : Mamiko Nakai (leading actress) × Yoshihiko Matsui
※ After screening, the talk show is held.

"By this screening, what kind of wonderful encounter and reencounter are there? I look forward to it very. And, the talk show with wonderful people is held this time. Really, I think that it is interesting. Thanking you in advance.” (by Yoshihiko Matsui)

Schedule : 2015 December 5 (Sat)~11 (Fri)
Timetable : 20:30 of everyday

Charge : Advance ticket ¥1,000-  Today's ticket ¥1,500-
A movie theater : K's cinema (Shinjuku, Tokyo)
www.ks-cinema.com

【上映終了】  映画「追悼のざわめき」

Posted on 2015 06 16

上映作品 : 映画「追悼のざわめき」

トークショー:7月25日(土)13:00の回上映後に、松井良彦が皆さんにご挨拶をします。

日時 :2015年7月25日(土)~31日(金)連日13:00~  / 8月1日(土)~7日(金)連日18:20~

「京都で本作が上映されるのは、数年ぶりです。また、初日には、私もご挨拶に伺います。私は、皆さんとお会いできることが、とても嬉しく、そして、とても楽しみです。よろしくお願いします」(松井良彦)

併映作品(他監督作品) : 映画「神々のたそがれ」、「ザ・トライブ」、「おそいひと」

入場料 :当日/ 一般¥1,500-、学生・シニア¥1,300-、会員¥1,000-
会場  :立誠シネマ(京都市・木屋町蛸薬師、「元・立誠小学校」の3階)
お問合せ : 075-201-5167 http://risseicinema.com/


【Screening schedule】

The movie "THE NOISY REQUIEM"
(There are no English subtitles.)

Talk show :July 25 (Sat), Yoshihiko Matsui (Director)

Schedule & Timetable :2015 July 25 (Sat)~July 31 (Fri) 13:00~, August 1 (Sat)~August 7 (Fri) 18:20~,

"This movie is shown in Kyoto after an interval of several years. In addition, on the first day, I visit and say greetings to everybody. I am very glad that I can see everybody. And I look forward to it very.”   (by Yoshihiko Matsui)

Simultaneous screening works (other director’s works):“Hard to Be a God”, “The Tribe”, “Osoihito (ja)”

Admission fee: Today's ticket / Adult 1,500yen, Student or Senior 1,300yen, Member 1,000yen
Theater:Rissei Cinema (3F in “Moto Rissei-shougakkou”, Kiyamachi Takoyakushi, Kyoto)
075-201-5167 http://risseicinema.com/

【出版情報】  書籍「観ずに死ねるか!傑作絶望シネマ 88 ~総勢70人が語る極私的トラウマ映画論~」 (発行:鉄人社)

Posted on 2015 06 16

映画「追悼のざわめき」について、森下くるみさん(文筆家、女優)が、同作への心情を切々と執筆してくださり、それが、ひしひしと伝わってきます。森下さん、並びに、鉄人社さんへ、「ありがとうございます」(松井良彦)

発売日:amazon / 6月14日(日)、書店 / 6月20日(土)
定価:¥2,000-


【Publication (book) information】

The book "Mizuni Shineruka! Kessaku Zetsubo Cinema 88 ~Souzei 70ninga kataru Kyokushiteki Trauma Eiga-ron (ja)" (Publishing company:Tetsujinsha)

Kurumi Morishita (writer, actress) writes her mind and thought about the movie "The Noisy Requiem". And it comes pressingly. To Morishita and Tetsujinsha, “thank you very much.”  (by Yoshihiko Matsui)

Sale date: amazon / June 14 (Sun), Bookstore / June 20 (Sut)
Price: ¥2,000-

【上映終了】  映画「錆びた缶空」

Posted on 2015 04 15

“第3回 三軒茶屋映像カーニバル 2015”

上映作品 : 映画「錆びた缶空」
日時 :2015年5月10日(日)19:00~
イヴェントの会期 : 2015年5月2日(土)~10日(日)
会場 :KEN (〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-8-3 B102) Tel & Fax 03-3795-1776

【松井良彦監督からの想い】
「私は、このイヴェントのヤングシネマ・コンペティション部門で、審査委員長を務めることになりました。
どのような新しい才能と出会えるのか、とても楽しみです。
また、他の審査員に原将人さん(映画監督)と粟津ケンさん(KEN主宰)もおられます。ちなみに、10日は、私も出席をします。」

※ このイヴェントの詳細、並びに、「錆びた缶空」の上映については、こちらを。
http://www.kenawazu.com/events/


【Screening schedule】

The movie "Rusty Empty Can"
(There are no English subtitles.)

the 3rd SANCHA CINEMA CARNIVAL 2015

“I work as the chairperson of the judge in Young Cinema competition section.
I look forward to being able to meet new talent very much.
In addition, there is Masato Hara (movie director) and Ken Awazu (Boss of KEN) as other judges, too.
By the way, on May 10th, I attend.”
by Yoshihiko Matsui

Schedule:2015 May 10 (Sun)
Timetable:19:00~
Period of the event:2015 May 2 (Sat) ~ 10 (Sun)
Theater:KEN (Sangen-jaya, Tokyo)
+81 3-3795-1776
http://www.kenawazu.com/events/

【上映終了】  映画「追悼のざわめき ~デジタルリマスター版~」

Posted on 2015 01 05

聖バレンタインデー特別記念
第6回 悶★カーニバル 松井良彦監督作品 映画「追悼のざわめき」上映会

上映作品 : 映画「追悼のざわめき」
日時 :2015年2月14日(土)15:30~18:00、18:30~21:00
トークショー:21:00~
家田祐明さん(K's cinema 番組担当)、日向正親さん(悶★カーニバル・主宰)+松井良彦
[注] ・K’s cinemaは、東京・新宿にある映画館です。 ・「悶★」は、モンスターと読みます。

入場料 :前売り¥2,000-、当日¥2,200-
会場  :桜座(〒400-0032 山梨県甲府市中央1−1−7)
お問合せ :055-233-2031
http://www.sakuraza.jp/

【松井良彦監督からの想い】
山梨県甲府市で、私の映画が上映されるのは、今回が初めてです。そして、伺うのがとても楽しみです。
というのも、私が上映される地を訪ねるときは、よく行く地でも、初めて行く地でも、必ずといっていいくらい、私の中で心地よい緊張感と期待感が、芽生えるからです。
それは、「その地でどんな人と出会い、何を話し、何が生れるのか」という想いが、私をときめかせるのです。今回は初めての地、甲府ですから、尚のことです。
皆さんへ、「心から楽しみにしています。一人でも多くの方々と出会いたいです。よろしく、 お願いします」


【Screening schedule】

The movie "THE NOISY REQUIEM / DIGITALLY REMASTERED"
(There are no English subtitles.)

Schedule:2015 February 14 (Sat)
Timetable:15:30~18:00, 18:30~21:00,
Talk show:21:00~
Yoshihiko Matsui (Director), Hiroaki Ieda (K's cinema, program charge), Masatika Hinata (Boss of “Monster Carnival”)
Admission fee:Advance ticket ¥2,000-, Today's ticket ¥2,200-
Theater:Sakuraza (Kofu, Yamanashi)
+81 55 233 2031
http://www.sakuraza.jp/

【上映終了 】 映画「追悼のざわめき ~デジタルリマスター版~」

Posted on 2014 08 29

● トークショー 第1弾
行定勲さん(映画監督)+松井良彦
9月20日(土) 12:30の回の上映後

● トークショー 第2弾
束芋さん(現代美術家)+松井良彦
9月21日(日) 12:30の回の上映後

「行定監督と束芋さん。私は、お二方と友人であり、敬意も抱いております。
でも、まだじっくりと創り手として、また、表現をする者として話し込んだことはありません。
そのお二方と連続してお会いするのは、喜ばしい限りです。さて、どんな会話が生まれるのか。楽しみです。」
(松井良彦)

● 舞台挨拶 仲井まみ子さん(主演女優)
9月26日(金) 18:30の回の上映後

● トークショー 第3弾
佐野和宏さん(主演男優)+松井良彦
10月3日(金) 20:30の回の上映後

日程:2014年9月20日(土)~10月3日(金)

タイムテーブル:
9月20日(土)~26日(金) 12:30 15:30 18:30
9月27日(土)~10月3日(金) 20:30

料金:前売券¥1,000- 当日¥1,500-

会場:K’s cinema  (東京・新宿)
03-3352-2471
www.ks-cinema.com


【Screening schedule】

The movie "THE NOISY REQUIEM / DIGITALLY REMASTERED"
(There are no English subtitles.)

● Talk show vol.1
Isao Yukisada (Movie Director) + Yoshihiko Matsui (Movie Director)
After the screening of September 20 (Sat), 12:30 .

● Talk show vol.2
Tabaimo (Contemporary Artist) + Yoshihiko Matsui (Movie Director)
After the screening of September 21 (Sun), 12:30.

“I am a friend of Yukisada and Tabaimo. And I have the respect towards them.
But as the same creator, I have not talked with them slowly and carefully. So it is very happy to meet them.
By the way, what kind of conversation is born? I look forward to it.”
by Yoshihiko Matsui.

● Stage greeting by Mamiko Nakai (leading actress)
After the screening of September 26 (Fri) 18:30

● Talk show vol.3
Kazuhiro Sano (leading actor) + Yoshihiko Matsui (Movie Director)
After the screening of October 3 (Fri), 20:30.

Schedule:From 2014 September 20 (Sat) to October 3 (Fri)

Timetable:
From September 20 (Sat) to 26 (Fri) / 12:30 15:30 18:30
From September 27 (Sat) to October 3 (Fri) / 20:30

Admission fee:Advance ticket 1,000- yen, Today's ticket 1,500- yen

Theater:K’s cinema (Shinjuku, Tokyo)
+81 3 3352 2471
www.ks-cinema.com

【上映終了】 映画「錆びた缶空」

Posted on 2014 07 02

私の処女作(映画)「錆びた缶空」が、福島県いわき市で、8月2日(土)から催される、現代アートの祭典「アートミーティング 田人の森に遊ぶ 2014」(いわき市田人町)で上映されることになりました。
~私の処女作が、福島県で、現代美術家の方々の作品の展示とともに上映されることを、光栄に感じます。
お申し出をしてくださった、山本伸樹さん(現代美術家)と関係者の方々に心から感謝します。
「ありがとうございます。おおきに、です」

上映日程+時間:8月2日(土)、3日(日)、10日(日)、17日(日)、24日(日)。全日18:00~19:00。
会場:田人第二小学校 南大平分校・講堂 (福島県いわき市田人)
料金:協力金(カンパ)
お問合せ:アートミーティング実行委員会
0246-69-2226(電話)、0246-69-2722(FAX)
http://www.abukuma-shinkou.org/2014_ivent/iwaki_tabito.html
tabito-c@city.iwaki.fukushima.jp


【Screening schedule】

The movie “Rusty Empty Can”
My debut movie "Rusty Empty Can" will be shown in the contemporary art festival "ART MEETING 2014 / Play in the Forest of TABITO" (Tabito, Iwaki-shi, Fukushima, Japan).
~ In Fukushima, my movie is shown with the display of the work of the contemporary artists. And I feel it to be honored. I thank heartily to Nobuki Yamamoto (Contemporary Artist) and the people concerned who did a proposal. “Thank you very much!”

Date : August 2 (Sat), 3 (Sun), 10 (Sun), 17 (Sun), 24 (Sun)
Timetable : from 18:00 to 19:00 / all day.
Place : Tabito Dai-ni Elementary School Minamiodaira Bunkou, lecture hall (Tabito, Iwaki-shi, Fukushima).

『追悼のざわめき』デジタルリマスター版ファンサイト公開

Posted on 2014 06 17

※ 2014年6月15日、松井良彦監督作品『追悼のざわめき』デジタルリマスター版ファンサイトを公開しました。
『追悼のざわめき』の上映スケジュールや最新情報、またサイト公開記念として写真家であり松井監督を敬愛する
ファンサイト制作者でもある、日向正親による監督へのロングインタビューを随時掲載します。

また、サイト更新情報は逐次Facebookページ、Twitterに流れます。こちらもぜひお楽しみください。

Facebookページ https://www.facebook.com/zawameki
Twitter https://twitter.com/tsuitozawameki


▲松井良彦監督公式サイト最終チェックの晩。
左より日向正親、松井良彦、 公式サイトデザイナー河野周平。2014年4月30日撮影。

DVD(映画)「どこに行くの?」

Posted on 2013

2008年第30回モスクワ国際映画祭正式招待作品 「どこに行くの?」

規格 :
(本編DISC)2007年/日本/100分(本編)/カラー/ステレオ/16:9/片面1層(D.V.D.)
(特典DISC)2007年/日本/カラー/ステレオ/(D.V.D.)
※内訳 : メイキング・ヴィデオ、上映イヴェント映像、サウンドトラック(音楽 :上田現)2枚組
品番 :
ADE0861 定価 : 4,935円(税込)

発売元、販売元 : ㈱エースデュース

DVD(映画)「追悼のざわめき」デジタルリマスター版 スペシャル・エディション

Posted on 2013

「追悼のざわめき」デジタルリマスター版

規格 :
(本編DISC) 2007年/日本/150分(本編)/モノクロ/ステレオ/スタンダード/片面2層(D.V.D.)
(特典DISC) 2007年/日本/93分(特典)/カラー/ステレオ/スタンダード/片面1層(D.V.D.)
(特典C.D.) 38分(特典)/C.D.3枚組
品番 :
ADE0803 10,290円(税込) 

発売元、販売元 : ㈱エースデュース

単行本 「ムービー・パンクス」

Posted on 2013

単行本 「ムービー・パンクス」 出版・発売中 (イーター・ブックス)¥1600

松井良彦をはじめ、石井聰亙、塚本晋也、山本政志、佐藤寿保、若松孝二、他全10監督が大いに語っています。

日本映画界の最も先鋭的な部分を担う監督たちの生の声を伝え、“イーター”ならではの視点から、日本のオルタネイティヴ・カルチャーとしてのムーヴィーシーンをとらえた、斬新なインタヴュー集。各監督の代表作のスチール写真も掲載しています。

発売 : 星雲社
発行 : テレグラフファクトリー (編集長/地引雄一)
〒340-0014 埼玉県草加市住吉2-7-11-12
TEL+FAX : 0489-24-2337

http://www.eater.co.jp

単行本 「魂のシネアスト 高林陽一の宇宙」

Posted on 2013

単行本 「魂のシネアスト 高林陽一の宇宙」 出版・発売中 
(著者/高林陽一 発行/ワイズ出版) 定価¥2,200-(税抜き)

高林陽一監督の新作「愛なくして」が完成し、その公開に併せて同書が発行されました。

同書は、かつての高林監督の好著「あの遠い日の映画への旅」(キネマ旬報社)をベース に、大幅に著者が加筆された書籍。
僭越ながら松井良彦も、同書の中の“私にとっての高林陽一”を執筆する数人の一人として参加しています。

お問合せ /
ワイズ出版 TEL:03-3369-9218  FAX:03-3369-1436
シネ・ヌーヴォ TEL:06-6582-1416  FAX:06-6582-1420